共用サーバー,専用サーバー,セキュアサーバー,ハウジングサービス等,レンタルサーバー(ホスティング)とデータセンターサービスはメディアウォーズへ

HOME > お知らせ一覧 > お知らせ 詳細

お知らせ 詳細

2012/04/24

専用サーバーサービス刷新!新メニュー「800」シリーズをリリース

メディアウォーズ、専用サーバーサービスを刷新
~低価格からハイスペックな筐体まで用途に合わせて選べる9プラン~

株式会社メディアウォーズ(本社:京都府下京区、代表取締役社長 今井 寿人、以下メディアウォーズ)は、専用サーバーのサービスプランを2012年4月24日にリニューアルいたします。

■豊富なラインナップ
NEC 社製「Express5800/iR110a-1H」を採用したコストパフォーマンスの高い低価格専用サーバーモデルから24コアCPU搭載のHP社製「ProLiant DL165」を採用したスペックの高いハイエンドモデルまで、お客様の運用規模に応じてサーバー筐体を選択いただける多彩なプランをご用意しました。

[低価格の専用サーバー]
他のお客様の利用状況から影響を受けない、安定した専用環境を低価格でご提供いたします。root権限を利用した、独自開発システム運用やネットショップ運営に最適なサービスです。Xeon E3 を搭載したNEC Express5800/E110d-1を採用した新プランを追加し、更にコストパフォーマンスの高いサービスをご提供いたします。

[スペック重視の専用サーバー]
高スペックなCPUを搭載した筺体をご用意しておりますので、アクセスの多いサイトや多数のデータを格納するデータベースの運用に最適なサービスです。4コアCPU搭載モデルと8コアCPU搭載モデルの2プランに加え、Xeon E5を搭載したIBM社製のSystem x3550 M4 を採用した2プラン「E820-I」(8コア)と「E825-I」(16コア)を追加。「E820-I」と「E825-I」プランでは、電源冗長化オプションをご用意しておりますので、万が一の電源故障の際も、サービを停止することなく、安定運用が可能です。

[ハイエンドモデル]
24コアCPU搭載のハイエンドモデルでは、並列処理速度が飛躍的に向上する為、複数台にて分散していたコンテンツを1台に纏めて運用し、管理コストの削減することが可能です。また、仮想化技術を用いて1台の物理サーバー上に複数の仮想サーバーを構築し、お客様だけのVPS(仮想専用サーバー)環境の構築にも最適です。

■独自開発の高機能管理ツールでコスト削減
サーバーの運用には不可欠な「運用監視」、「サービスの管理」、「電源リセット」など、サーバーの管理はもちろんの事、バーチャルドメイン環境の構築や管理が、簡単に行える高機能なサーバー管理ツールを標準で搭載。点在するサイトをサーバー一台にまとめて管理することで、サーバー運用管理コストが削減できます。また、直感的、かつ簡単に操作できるサーバー管理ツールは、専任のサーバー管理者を必要とせず、サーバーの管理を一元的に簡単に行っていただけます。

■選べる運用支援サービス
全サービス標準で搭載されたサーバー管理ツールより日々のサーバーの運用・管理を行っていただけます。また、運用・管理をアウトソーシングしたいお客様には、サーバーの監視やサービス復旧から、セキュリティ監査及び対策など、運用支援サービスをオプションサービスにてご用意しております。安定運用に必要なサーバー監視業務を全てお任せいただけます。


【報道発表資料】
プレスリリース[PDF]
専用サーバーサービスはこちら

 

まずは、お問合せください。 弊社営業よりご案内差し上げます。

電話でのお問合せは0120-307-002

電子メールでのお問合せはinfo@mediawars.ne.jp