共用サーバー,専用サーバー,セキュアサーバー,ハウジングサービス等,レンタルサーバー(ホスティング)とデータセンターサービスはメディアウォーズへ

HOME > お知らせ一覧 > お知らせ 詳細

お知らせ 詳細

2009/07/15

専用サーバーサービスプランリニューアル!

株式会社メディアウォーズ(本社:京都府下京区、代表取締役社長 三上 出、以下メディアウォーズ)は、トータルマネージメントが行える新しい専用サーバーサービスを7月15日より提供開始いたします。


■独自開発の高機能管理ツールでコスト削減
サーバーの運用には不可欠な「運用監視」、「サービスの管理」、「電源リセット」など、サーバーの管理はもちろんの事、バーチャルドメイン環境の構築や管理が、簡単に行える高機能なサーバー管理ツールを標準で搭載。点在するサイトをサーバー一台にまとめて管理することで、サーバー運用管理コストが削減できます。
また、直感的、かつ簡単に操作できるサーバー管理ツールは、専任のサーバー管理者を必要とせず、サーバーの管理を一元的に簡単に行っていただけます。
GMOグローバルサイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 中條一郎、以下グローバルサイン)のワンクリックSSLにも対応し、管理画面より証明書の申請から設定までを簡単に行うことができます。 省力化、省スペース化、省電力化を推し進め、コスト削減をトコトンまで追求しました。

■選べる運用支援サービス
全サービス標準で搭載されたサーバー管理ツールより日々のサーバーの運用・管理を行っていただけますが、運用・管理をアウトソーシングしたいお客様には、サーバーの監視やサービス復旧から、セキュリティ監査及び対策など、運用支援サービスを3プランご用意しております。安定運用に必要なサーバー監視業務を全てお任せいただけます。

■豊富なラインナップ
サーバー筐体には、NEC 社製「Express5800/iR110a-1H」、HP社製「ProLiant DL320G6」など、省電力、高パフォーマンスな機材を採用しております。初めて専用サーバーを利用される方からハイエンドな運用まで、お客様の運用規模に応じてサーバー筐体を選択いただける多彩なプランをご用意しました。

■低消費電力サーバーを採用し、カーボンフリーサーバーを実現
従来のホスティングサービスで使用されているサーバーは、一台につき年間600kg~1,000kgものCO2を排出しています。(※1)今回、高度なパフォーマンスと省スペース・低消費電力を実現したNEC 社製「Express5800/iR110a-1H」を採用し、消費電力を最大約40%削減。これによりCO2排出量を削減、地球環境に易しいサービスを提供します。 また、カーボンオフセットプロバイダーである株式会社リサイクルワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役 木南陽介、以下、リサイクルワン)を通じて、排出権を調達、政府口座へ移転することで無効化を行い、省エネサーバーを採用しても削減しきれないCO2の110%オフセット(カーボンマイナス)を実現します。(※2)利用者に環境プレミアムを負担していただくことなく、京都議定書における日本の削減目標(1990年比マイナス6%)の達成に貢献してまいります。


※1 CO2 の算定については、環境省が発表している「事業者からの温室効果ガス排出量算定方法ガイドライン」を基に算定した推定値です。また、ガイドラインの見直しにより、推定値が変更になる可能性があります。 

※2 お客さまのカーボンオフセット費用は国連が認証した排出権(京都議定書に基づくCDMプロジェクト等)を対象にしたプロジェクトにのみ使用されます。韓国での風力発電で実現した温暖化ガスの削減分が排出枠となります。

【報道発表資料】
プレスリリース[PDF]
サービス詳細はこちら

 

まずは、お問合せください。 弊社営業よりご案内差し上げます。

電話でのお問合せは0120-307-002

電子メールでのお問合せはinfo@mediawars.ne.jp