共用サーバー,専用サーバー,セキュアサーバー,ハウジングサービス等,レンタルサーバー(ホスティング)とデータセンターサービスはメディアウォーズへ

HOME > お知らせ一覧 > お知らせ 詳細

お知らせ 詳細

2009/07/01

「美ら海レンタルサーバー」専用サーバーサービスをリリース

日本初!二酸化炭素を吸収する「美ら海レンタルサーバー」専用サーバーサービスをリリース

株式会社沖縄情報ドットネット(本社:沖縄県那覇市、代表取締役 北村嘉規 以下、沖縄情報ドットネット)、株式会社レキサス(本社:沖縄県宜野湾市、 代表取締役社長 比屋根隆 以下、レキサス)、株式会社メディアウォーズ(本 社:京都市下京区、代表取締役社長 三上出 以下、メディアウォーズ)の3社は 、美ら海(ちゅらうみ)再生プロジェクト(※1)第二弾として、二酸化炭素を 吸収する「美ら海レンタルサーバー」専用サーバーサービスを2009年7月1日より 開始いたします。

■低消費電力サーバーを採用し、カーボンマイナスサーバーを実現
従来のホスティングサービスで使用されているサーバーは、一台につき年間 600kg~1,000kgものCO2を排出しています。(※2) 美ら海レンタルサーバーでは、今回、高度なパフォーマンスと省スペース・低 消費電力を実現したNEC 社製「Express5800/iR110a-1H」HP社製「ProLiant DL320G6」を採用し、消費電力を約40%削減。これによりCO2排出量を削減、地球環 境にやさしいサービスを提供します。 また、カーボンオフセットプロバイダーである株式会社リサイクルワン(本社 :東京都渋谷区、代表取締役 木南陽介 以下、リサイクルワン)を通じて、排 出権を調達、政府口座へ移転することで無効化を行い、省エネサーバーを採用 しても削減しきれないCO2の110%オフセット(カーボンマイナス)を実現します 。(※3) 利用者に環境プレミアムを負担していただくことなく、京都議定書 における日本の削減目標(1990年比マイナス6%)の達成に貢献してまいります。

■サーバー運用管理を簡単に行える高機能管理画面を標準搭載
美ら海レンタルサーバー専用サーバーサービスでは、「Blueプラン」「Greenプ ラン」2種類のプランからお選びいただけます。独自のサーバー管理ツールを標 準搭載することで、サーバーの再起動、電源のリセットから、独自ドメインの登 録、メールアカウント、FTPアカウントの発行など、サーバーを運用する際に必 要となるほとんどの操作を管理ツールから簡単に行っていただけます。また、サ ーバーの運用支援オプションも3つのプランからお選びいただけますので、面倒 なセキュリティー管理や、高度なサーバーチューニングまで、運用業務のすべて をアウトソースしていただけます。

■GMOグローバルサイン社、及びトリトン社が美ら海再生プロジェクトに参画
この度、電子認証サービスを展開する、GMOグローバルサイン株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長 中條一郎 以下グローバルサイン)と株式会社ト リトン(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役社長 石森達也 以下、トリトン)の 2社に美ら海再生プロジェクトに参画いただきました。 今後、美ら海レンタルサーバー専用サーバーサービスを通じて販売された電子証 明書の売り上げの一部が、美ら海募金基金を通じて沖縄の環境保護に役立てられ ます。

■沖縄旅行に利用可能な「メンソーレ 美ら海ポイント」をプレゼント
沖縄の海や自然の現状を皆様にも知っていただきたく、美ら海レンタルサーバー 専用サーバーサービスをご利用の方に、沖縄旅行プランにてご利用いただけるポ イント「メンソーレ美ら海ポイント」を、毎月4,000ポイントプレゼントいたしま す。ポイントを貯めて自由に沖縄に旅行していただくことが可能です。沖縄の海 や自然、沖縄の自然が体験できるエコツアーを企画いたしますので、その際にご 利用いただくことも可能です。

・1ポイント1円にて換算されます。
・沖縄旅行プランは美ら海プロジェクトが提携する旅行代理店にてご用意いたします。

■美ら海レンタルサーバー Web サイト
http://www.churaumi.me/

※1 美ら海プロジェクト
2008年11月26日付プレスリリース「美ら海(ちゅらうみ)レンタルサーバー」
のサービス提供についてを参照ください。
http://www.mediawars.ne.jp/news/images/churaumi_press081125.pdf

※2 CO2 の算定については、環境省が発表している「事業者からの温室効果ガ ス排出量算定方法ガイドライン」を基に算定した推定値です。また、ガイドライ ンの見直しにより、推定値が変更になる可能性があります。 

※3 お客さまのカーボンオフセット費用は国連が認証した排出権(京都議定書 に基づくCDMプロジェクト等)を対象にしたプロジェクトにのみ使用されます。 韓国での風力発電で実現した温暖化ガスの削減分が排出枠となります。

【報道発表資料】
プレスリリース[PDF]
サービストップイメージ図[JPG]

 

まずは、お問合せください。 弊社営業よりご案内差し上げます。

電話でのお問合せは0120-307-002

電子メールでのお問合せはinfo@mediawars.ne.jp