Saas型営業支援SFAサービス等,レンタルサーバー(ホスティング)とデータセンターサービスはメディアウォーズへ

HOME > SFA > 機能紹介

機能紹介

※ここでは代表的な機能のみご紹介しています。

顧客情報を管理する

顧客管理

取引先だけでなく、見込顧客(潜在顧客)も合わせて一元管理できます。 顧客の基礎情報だけでなく相手先担当者、自社担当営業、交通情報、などが管理でき、 また、独自の項目を追加できます。 追加は任意の項目をテキスト、選択リスト、ラジオボタン、チェックボックス、数値などで30項目まで可能です。

顧客履歴

顧客と関連する案件、行動予定、送受信メール、日報、スケジュール、電話メモなど、顧客に関連する全てを紐付けて閲覧できます。 全情報が集約されているので、顧客に訪問する前にチェックしておけば前回の続きで会話ができ、引継も簡単に行なう事ができます。

電話メモ

顧客からの電話メモなど、顧客にまつわる事柄で担当営業以外が受けたものを入力する事で、後で担当営業が新着画面を通じて知る事ができます。

▲ページTOPへ

行動や案件の状況や推移を管理する

行動管理

長期的な営業活動プランや自己啓発など、目標を立てて活動する場合に、P(プラン)D(実行)C(チェック)A(アクション)サイクルに基づいて管理ができます。 この行動管理には、顧客やスケジュールや日報を結びつける事ができます。

案件管理

商談が始まる引合開始から受注までを管理します。もちろん商談中の商品明細も入力できるので、金額管理も可能です。 商談状況のステージ管理も可能で、受注獲得に向けてのアプローチができ、客観的な活動管理をしていく事が可能です。 この案件管理には、顧客やスケジュールや日報を結びつける事ができます。

▲ページTOPへ

予定する&予定の完了状況を管理する

アタックリスト

ルートセールスやテレアポの際に、どのような顧客にアタックするかの、プランが作成できます。 このアタックリストは、自分自身のアタックリストも作成できますが、マネージャの方が作成して配布も可能です。 また、アタック結果は簡単に入力でき、顧客履歴と連動して活動記録を残します。

スケジュール

いつ、どこで、何をするか・・・と言う基本的なスケジュールです。電子メールでの召集も可能で、会議開催などを促す事ができます。 グループウェアなどのスケジュールと異なる点は、案件などの計画との紐付けが可能な点、顧客と紐付けが可能な点、これを起点として日報が入力できる点、さらには、このスケジュールの進捗状況(未着手、着手中、完了など))の管理が可能です。

カレンダー

スケジュールをカレンダー形式にしたものです。 日のタイムスケジュール、週、月、年と、様々な閲覧方法が用意されています。もちろんカレンダーからスケジュール登録も可能です。 さらに、カレンダーには関連する顧客名や案件名なども表示できます。

スケジュールテンプレート

営業活動において、複数の決まったスケジュールのパターンが在る場合は、そのパターンを登録しておく事で、スケジュールを一括で行なう事が可能となります。 既に在るスケジュールからテンプレートを登録したりでき、テンプレートによって展開されたスケジュールは日数計算も行います。

施設予約

スケジュールと一緒に施設の予約が可能で、空き状況確認も可能です。 営業活動でよく使う会議室やプロジェクター、車などの施設や設備を効率良く管理する事ができます。

▲ページTOPへ

日報で活動記録&上司へ報告コミュニケーション

日報の報告

日々の活動を日報形式で入力します。日報は既定の報告ルートにより上司に配達されるのと同時に顧客履歴と、起点となったスケジュールにも紐付けされて記録されます。 次回のアポイントがあれば日報から次回スケジュールが登録可能です。

日報の確認

部下の書いた日報を確認し、決済要求があれば決済も行う事ができます。 さらに、内容によってさらに部下に指示を出したり、さらなる上司へ転送したりする事も可能です。

▲ページTOPへ

自分のすべき事と、別の人への依頼を管理

ToDo

他社によくあるToDoとは異なり、するべき対象者の設定ができます。 これにより、自分のするべき事だけでなく、他人へ指示や依頼をしたりする事も可能となります。 また、指示の場合は完了を管理する事も可能で、複数人数にも対応します。 不在がちな営業マンとのコミニケーションも活性化できます。

▲ページTOPへ

共有Eメールで顧客別に管理

メール送信

自分のメールアドレスを使ってのメール送信が可能です。ここで送信したメールは、顧客履歴にも保存されますので、日報などと一緒に、時系列で管理していく事が可能です。 また、メールアドレスから送信先と顧客情報をマッチングさせ、相手先確認を行なう機能もあります。

メール送信履歴

自分の送信したメール履歴となります。

メール下書き

メールの下書き機能を提供しています。メール送信にて下書き保存すると、こちらに記録されます。 下書きメールから送信が可能です。

メール受信履歴

受信対象メールアドレスを事前に設定しておいたメールを自動的に受信します。 顧客登録されているアドレスから来たメールは、自動的に顧客履歴にも保存されますので、日報などと一緒に、時系列で管理していく事が可能です。さらに、新規顧客のメールは、このメールを起点に顧客登録が可能になっています。

▲ページTOPへ

電子ツールでコミュニケーション

社内メール

簡単な社内連絡ができます。 メールアドレスを持たない人でも利用できます。

掲示板

簡単作成が可能な電子掲示板です。 ここで作成した掲示板は、対象者の新着画面に表示され、閲覧が可能となります。

電子会議室

チャット式の電子会議です。案件などの計画と紐付けできますので長期保存も可能で議事録として保管しておく事もできます。 さらに、開催は携帯電話に通知する事で知らせる「開催通知」が可能で、離れた場所でも会議の開催が可能です。

URLリンク

よく使うホームページのアドレスを管理する「お気に入り」機能ですが、案件などの計画と紐付けできますので、この案件で調べた事柄などとして管理ができます。

▲ページTOPへ

高い適合性と運用管理

メニューエディタ

この機能はシステム管理者機能です。 使いやすいメニューを選択方式で作成する事ができます。使わない機能は非表示にしたり、使いやすい順番に変えたりする事ができます。

アクセス権設定

この機能はシステム管理者機能です。 事業所や部署などの組織で指定したりロールを使ったり、直接担当者一人一人にもアクセス権が設定できます。 閲覧や追加変更削除、CSVの出力の可否や可能なデータ範囲などが指定でき、継承機能によりきめ細かな管理ができます。

異動/統合処理

組織変更や退職などで部署や担当者の異動や統合、引継ぎなどを処理します。 簡単な操作で顧客履歴なども異動され、スムーズな異動処理ができます。

設定ファイル (カスタマイズ機能)

この機能はシステム管理者機能です。 システムの動作に関わる基礎情報が設定できます。

項目名称 (カスタマイズ機能)

この機能はシステム管理者機能です。 システムで使用される名称や選択リストやチェックボックス、ラジオボタンなどの中身が修正できます。

オプション項目 (カスタマイズ機能)

この機能はシステム管理者機能です。 顧客や案件などの計画で追加できる、任意の項目をテキスト、選択リスト、ラジオボタン、チェックボックス、数値などで30項目まで可能です。

固定情報 (カスタマイズ機能)

この機能はシステム管理者機能です。 添付ファイルの最大サイズや色の指定などの基本的環境情報が設定できます

伝票番号 (カスタマイズ機能)

この機能はシステム管理者機能です。 顧客番号や案件番号などで自動採番を利用する場合の採番基準を設定できます。固定文字や年度または期を用いた採番が可能です。

▲ページTOPへ

知るべき事を的確に通知

ポータル(ダッシュボード)

本人が知る必要の在る情報を集めた画面で、マイポータルは自分の好きなデザインの配置が可能です。 期日が来たが完了していないスケジュール、本日と明日の予定、ToDo、掲示板、電話メモやメールなど顧客の新規動向、案件などの計画の新規動向、自分の書いた日報の動向と部下からの新規日報などが表示されます。